会長あいさつ

会長 新居智恵

アリスの会は、産業医科大学医学部女性卒業生の会です。女性を応援する男性の皆さんにも会員になって頂いています。

産業医科大学は1978年に開学し、2016年までに3272名の卒業生を送り出していますが、そのうち869名(26.5%)が女性です。開学当時、学年に女性は数名でしたが、2017年度は99名中51名が女性と大幅に増えています。
女性の場合、出産や育児で仕事を中断せざるを得ない時期が訪れます。それは初期臨床研修であったり、後期臨床研修であったり、学位をとる時期であったり、専門医を目指す時期であったりします。育児に参加する男性が増えているとはいえ、出産・育児とキャリアをどう両立させるかは、大きな問題であることに今も変わりはありません。
また、医師という職業に限ったことではないかもしれませんが、働くこと=社会にでることで、学生時代までは感じることがなかった男女の格差を身に染みて感じることも少なくありません。

そのような中、実際に出産のために退職を余儀なくされた女性、仕事と育児の両立に行き詰まった女性、そこに、そんな女性を身近に見ている男性も加わってアリスの会が発足しました。以来、アリスの会では、女性卒業生の現状に関する調査、会員相互の交流・ネットワークづくり、女性医師の就労に関する情報収集や情報提供を通して、本学女性卒業生の「ワークライフバランスを踏まえたキャリア設計」支援を行っています。

本会の初代会長は当時の微生物学教授の谷口初美先生です。谷口先生は、アリスの会設立から7年余り、会の基礎を築く最も大変で重要な時期に会長を務めてくださいました。
谷口先生から「会もある程度成長したから、卒業生の会としてそろそろ独り立ちしなさい」という励ましのお言葉をいただき、会長を引き継いで早8年になります。8年もあれば色んなことが成し遂げられるはずですが、ことアリスの会に関しては構想多々あるものの、なかなか実現に至らず申し訳なく思っているところです。とは言いつつも、アリスの会通信を始めたり、会誌を会報に変えたりしながら、今回再びホームページをリニューアルすることが出来ました。

新しいホームページでは、会員のページに会報や通信のバックナンバー、総会や理事会の議事録を掲載していく予定です。滞りがちだった四季の集いの案内や開催報告も、タイムリーに発信していきたいと思います。

今後ともアリスの会をよろしくお願いいたします。

 

2017年6月
アリスの会会長 新居 智恵(3回生)
ジェイティービー 中央健康増進室 統括産業医

 

Scroll Up