会の概要

設立趣旨

アリスの会は、2001年、産業医科大学医学部女性卒業生の会として発足しました。 会の名称は、米国ハーバード大学の女性教授第一号で、「産業医学の母」といわれる、アリス・ハミルトンに因んでいます。

近年、女性医師の数は増えており、産業医科大学においても、医学部生に占める女子学生の割合が増加しています。しかしながら、女性が結婚、あるいは出産をして、家事・育児・介護を担う立場になると、仕事を続けていく上でさまざまな困難に直面するのも事実です。結婚・出産をしない生き方を選択する場合も、これまで男性が中心であった社会で生きていく困難が待ち受けているでしょう。

当会では、「四季の集い」「会誌」「アリスの会通信」等の活動を通して、会員相互のネットワークづくり、女性医師の就労支援に関する情報収集と情報提供、他機関との連携等を行い、本学女性卒業生の「ワーク・ライフ・バランスを踏まえたキャリア設計」支援を目指しています。

 

※アリス・ハミルトンについては、東学長が翻訳された本が産業医学振興財団から出版されています。
http://www.zsisz.or.jp/shop/book/2015/10/book0048.html

 

アリスの会 会則

アリスの会の会則はこちらをご覧ください。

 

役員(平成29年度)

氏 名(卒業回) 担 当
会 長 新居 智恵(3回生)
副会長 長井 聡里(6回生) 理事会メーリングリスト
副会長 小畑 泰子(8回生) 会計/入退会/メーリングリスト
理 事 川波 祥子(9回生) 北九州の集い
理 事 河村 裕(10回生) ホームページ
理 事 中西 麻由子(13回生) 大阪の集い
理 事 永田 昌子(18回生) 総務/会報/講演会
理 事 大津 真弓(19回生) 東京の集い
理 事 田尻 千浪 通信
監 事 一瀬 豊日(14回生) 監査
Scroll Up