谷口初美先生の連載コラム『微生物学者が乳がんになった時』がスタートしました。

産業医大名誉教授・谷口初美先生の連載コラム『微生物学者が乳がんになった時』がスタートしました。

闘病記といえば、辛い体験を物語るみたいなイメージですが、先生の場合は、科学者の目を通した客観的・具体的な内容で、前向きに楽しく大切な時間を送られているのが伝わって、こちらが元気づけられます。また医療従事者にも遠慮のないまなざしを向け、その足らず加減を語って下さり、患者としてのもどかしさをありありと伝えて下さっています。

アリスの会員、身近な方々にはすでに冊子としてお配りしていますが、医学・看護教育にも役立つと反響をいただいています。

みなさんは、この寄稿をお読みになってどうお感じになられるでしょうか。ぜひ感想をお寄せください。

⇒谷口初美先生の連載コラム『微生物学者が乳がんになった時』
⇒ご感想はこちら(お問い合わせフォーム)

Scroll Up